今回の「ゴッホ展」はゴッホの作風の変遷が分かりやすい!!

今回の「ゴッホ展」はゴッホの作風の変遷が分かりやすい!! 美術

どうも、こや丸です!

上野の森美術館で開催中の「ゴッホ展」を鑑賞してきました。
写真撮影は禁止のため、作品の写真はありませんが
ポストカードなどを交えて
感想やレポを綴りたいと思います。

混雑具合

上野駅 公園口を出たら左手に進むと会場に着きます。

チケット売り場の列
チケット売り場の列

当日券を購入する場合は、スマホで
イープラススマチケがオススメです。
僕はこれでチケットをなくす事なく、
券購入の列に並ぶ事なく、入場できました。
(人気の展示のため、中は非常に混雑していました。)

前回見た他のゴッホ展とは異なる構成

実は2017年にも、ここ上野にゴッホ展を鑑賞しにきています。
東京都美術館にて開催された「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」です。

そちらは、日本美術がゴッホの作風に与えた影響に
焦点を当てた構成で
浮世絵などの関連作品が多く展示され、その影響についての
解説が多くなされた展示でした。

例えば、「種まく人」という絵画は
木の幹が大胆に画面の中央を分断するような構図を取っていますが
これはゴッホが浮世絵から影響を受けたことが
わかる作品の一つなんだそうです。

元来、西洋絵画では見られなかった方法で
一方、浮世絵にはよく見られる構図らしく、
自身の絵画に取り入れたのがゴッホなんですね。

このように同じ画家の展覧会でも
どのような視点、テーマで構成・解説するのかで
全然異なる印象を受けます。
それでは、今回の上野の森美術館で開催される「ゴッホ展」の
テーマはいかなるものなのでしょうか?

ゴッホの作風の過程がわかる展示

パイプと麦藁帽子の自画像
パイプと麦藁帽子の自画像

10年という画家としての活動の中で
オランダで農民の生活を描いた暗い画面の絵画から始まり、
パリで印象派に影響を受けて明るい画面に変わり、
晩年にかけて力強い絵の具のマティエールが見られる作品へと
変化していく過程がわかりやすい展示となっていました。

最初の展示エリアは全体的に色が少なく
黒や茶色といった暗い色で農民のありのままの生活を描いたものでした。
そこから明るくなっていく変遷を見られるのは新鮮でした。
キュレーターや企画者の方、ナイスアイデアです。

ゴッホ以外のハーグ派、印象派、ポスト印象派の絵画も

時代ごとにゴッホに影響を与えた画家の作品も
数多く楽しめることも今回のポイントです。

前半では落ち着いた色彩で農民のリアルを描いた
ハーグ派と呼ばれる農民画家の作品群を。

後半では、

  • シスレー
  • ピサロ
  • ルノワール
  • セザンヌ
  • ゴーギャン
  • モネ

など
印象派&ポスト印象派の画家の作品群を楽しめます。

壁に記載された手紙のセリフや音声ナビゲーターがよかった

ゴッホが弟テオへ宛てた手紙のセリフを
壁の上方に大きな文字で記されていた演出が良かったです。

今回は、解説も音声ナビゲートも
ゴッホがテオに宛てた絵を中心とした自身の思い、考え、見解を
時に情緒的に、 時に論理的に、 熱く語ってきかせてた点を取り上げてます。

力強いタッチの絵画が印象的なゴッホは
感情のままに描き上げたと思われがちでしたが、
弟テオへの手紙に綴られている内容から
実は非常に論理的に、かつ計画的に絵画の構想を練った上で
制作に取り組んでいたことがわかってきたようです。

農民の頭部や 糸杉のデッサンをいくつも書いて、
その上で制作に取り掛かっていることからも、
用意周到な感じが伝わりました。

美術も研究によって、新しい見解だったり
事実が判明したりするものなんですね!

これから描こうとしている絵の主題や構成、色について
かなり細かく丁寧に考えていたというこのエピソードは
僕が大好きな「中田敦彦のYouTube大学」でも紹介されています。
(27:00~あたり)

狂気の天才画家【ゴッホ】偉人伝〜後編〜

守破離の離で独自のスタイルへ

終盤の解説文で、
晩年は、他の画家との交流も少なくなったが、
一方で他の画家の影響を受けなくなったこの期間に、
ゴッホ独自の画法が一層確立されていった、といった趣旨の文がありました。

これを読んで
遣唐使の派遣を中止した平安時代に国風文化が発達したのと
似た構図を思い出しました。

守破離でいう離の段階で、誰の影響も受けず、
自分らしいスタイルを確立する時期が晩年だったのかもしれません。

ひまわりがない「ゴッホ展」からも学びがあった

今回また違う一面を知ることができました。
代名詞とも言える「ひまわり」の絵画は一つもありません。

星空やガス灯が美しい有名な夜を描いた絵画もありません。
前回のように浮世絵の影響にフォーカスしたものでもない。

農民画家から印象派の影響を受けた作風を経て
いかにしてゴッホがゴッホになっていったのかがよくわかる展示でした。

ひまわりがなくても十二分にゴッホの魅力が伝わってくる。
というより、ひまわりが無いからこそ今まであまり知らなかった魅力や
そこにいたるまでの
浮世絵や他の画家からの影響や背景がわかりやすい構成でした。

白薔薇を描いた作品とか、
あっさりとしたタッチの自画像は
自分が抱いていたゴッホのイメージと異なっていたため、
「こういう作品も描くのか」と 勉強になりました。

実物と画面越しで見ると当然、印象が異なる

少し残念だったのは、楽しみにしていたピサロの絵は実物で見たら
それほど「いいなぁ」と思えなかったこと。

右隣にあったシスレーの絵画も あまりピンと来ませんでした。
生で実物見た場合と、
webやテレビの画面越しで見た場合、
図録や雑誌の紙媒体の印刷物で見た場合で、
印象が変わるから絵画は不思議です。
ただ、そこがまた面白い!

「美術の教科書でしか絵画見たことないけど興味あるんだよな」って人は
美術館に行って本物を一度見てみてほしい!
その作品の大きさや油絵具のタッチや盛り上がりは、
画面や紙面越しでは分からないので、まさに「ライブ」と同じ。
画家が自身の眼と腕を使って
実際に描きあげたものが時を超えて
目の前にある感動も他に代え難いものです。

「糸杉」は実物を見て好きになった作品

「糸杉」は今回のチケットやパンフレットにも採用されており
見所の目玉となっています。

「糸杉」は、実物を見て 印象がガラリと変わりました。
まず思ったよりも大きかったことと、
マティエールが半端なくて、いい意味でゾワっとするほどの
力強いパワーが感じられる作品でした。
実物の迫力は半端じゃない。
特にゴッホは、そのタッチの迫力が 実物に対峙して一層感じられました。

近くで見たり、遠くから眺めたり

「優れた絵画は、近くで見ると 絵の具の点が並んでるだけに見えるが
遠くから見ると 素晴らしさがわかる」みたいな趣旨のゴッホの発言を
展示で見かけたましたが、これには納得でした。

絵によっては、
近くまで寄って、その精緻な細かさや正確さの技量を見て楽しむ作品もあるけど、
全ての絵をこの見方じゃいけないと思っています。

近くだと雑で下手に見えるぼやけた絵画も
遠くから眺めると不思議と何の絵なのかはっきりと分かる作品もあるのです。
ただの線や塗りつぶしが意味や役割を持っていることに気づいた時
なんとも言えぬ喜びが感じられます。

特に気に入ったのは、こがねいろの「麦畑」

麦畑
麦畑

こちらはTwitterやパンフレットなどで
展示作品であることを知っていて、楽しみにしていた絵画でしたが、
予想通り、とても素晴らしい「こがねいろ」でした。
アルルで描かれた晩年の作品の1つです。

黄金に輝く麦は、実りの豊かさを讃えるようで
様々な濃淡の黄色で力強く描かれています。

画面の3分の1を青い空があるのもバランスがよく、
力強くも柔らかく優しい印象を受けました。

画集(図録)を購入

画集 図録

めちゃくちゃ迷いましたが、ポストカードと合わせて
画集(図録)を購入しました。

「糸杉」が表紙となっていて迫力があります。

よかった美術展は、こうして図録で振り返りながら
解説をゆっくり読んで作品を鑑賞すると
何度も楽しめていいですね。

まとめ

というわけで、「ゴッホ展」についてお話しました。

今回は「ゴッホ展」鑑賞後にTwitterで綴った
感想ツイート群を元にブログを執筆してみました。

感動冷めやらぬうちに書き起こした「なまもの」の
文章の素材があると、執筆しやすいですね。

前回みたゴッホ展と、今回見たゴッホ展の違いも
自分の中では興味深かったです。

ゴッホの新たなる一面、あなたも覗いてみませんか?
2020年1月13(月・祝)まで開催中です!

では、また!

都内でWeb制作に携わってます。
服、音楽、絵画、建築、デザインが好きです。
写真個展もやってますので、ぜひご覧ください!
coten(写真個展)

こや丸をフォローする
美術
スポンサーリンク
こや丸をフォローする
こがねいろライフ
タイトルとURLをコピーしました