井の頭恩賜公園で写真を撮ってきた(2020年2月 その1)

井の頭恩賜公園で写真を撮ってきた(2020年2月 その1) 写真

どうも、こや丸です!

最近、ミラーレス一眼が気になっています。
普段、iPhoneで撮影して、気に入ったものがあれば
cotenにupして、写真個展に出していましたが
本格的にカメラを始めてみたいな、と思い検討中です。

そんな撮影欲が湧いたことから、吉祥寺の井の頭恩賜公園へ
写真を撮りに行ったのでした。

吉祥寺駅に到着。夕陽が綺麗。

吉祥寺駅から見た夕暮れ

撮影当日、家を出たのが遅かったこともあり、吉祥寺駅に着いた頃には日が暮れかけていました。

「目的地へ急がないと!」と焦りつつも、せっかく綺麗な夕焼けが見えたので
ホームの端まで走って行って、一枚撮影しました。
構図など撮るのが難しかったですが、いざ撮ってみると
画面中央の濃い橙の夕暮れに向かって、線路が集約されるかのごとく向かっている感じが撮れたので気に入りました。

この後、慌てて目的地へ向かったのは言うまでもありません (^_^;

井の頭恩賜公園に到着

井の頭恩賜公園:夕暮れ、池、鳥

なんとか日没前に、目的地へ到着。

井の頭恩賜公園でも夕暮れの写真を撮影することができました。
鳥さん達が、じっ・・・と佇んでいるのを見かけたので
iPhoneを構えたのですが、池に映り込む冬の木の枝がとてもいい感じでした!

井の頭恩賜公園:夕暮れ、池、木

別の角度からも撮影。この時間帯は、刻一刻と明るさが変化していくので
撮影していて面白いですが、気が抜けません。

この光の当たり方だとどこから何を写せば綺麗なのか。
そんなことを考えながら、公園内を歩き回ります。

日没時から徐々に街灯が灯り始める

井の頭恩賜公園:街灯

だんだんと空の橙も消えていき、代わりに街灯が灯り始めました。
公園内にいくつかあるオシャレなカフェの店内や店先の看板も
柔らかなライトで照らされ、温かみを増していきます。

井の頭恩賜公園:池

池の水面に映る街灯もなかなかに趣深いです。
風でわずかずつ揺れていく水面の景色が絵画のようでいいですね。

井の頭恩賜公園:池

写真の撮り方や構図について、ほとんど知識はないものの、
「池だけを写すより、手前に柵を入れたほうが何となく気持ちがいいなぁ」とか
自分の感性と対話しながら、収めたい景色を探ります。

そして、日没

井の頭恩賜公園:池

空は雲に覆われ、雲のない部分で橙に輝いていた夕暮れも
だいぶかすかになりました。

水面にかろうじて木の枝が映りつつも、岸に近いところでは
暗がりの中に溶け込んでしまい、目立たなくなってしまいました。

短い時間でしたが、それなりに撮影を楽しめたかと思います!

まとめ

というわけで、
今回は井の頭恩賜公園へ写真を撮影しに行った話でした!

何度か撮影に来たことはあるのですが、今回は特に
写真の練習をしたいという思いが強かったです。

この日の2週間前にも、ここで撮影した写真もあるので、
また別の機会に紹介させてください。

では、また!

都内でWeb制作に携わってます。
服、音楽、絵画、建築、デザインが好きです。
写真個展もやってますので、ぜひご覧ください!
coten(写真個展)

こや丸をフォローする
写真
スポンサーリンク
こや丸をフォローする
こがねいろライフ
タイトルとURLをコピーしました