【味噌ラーメン】濃厚!まろやか!「味噌麺処 伝蔵」に行ってみた

【味噌ラーメン】濃厚!まろやか!「味噌麺処 伝蔵」に行ってみた

どうも、こや丸です!

今回は、

【味噌ラーメン】濃厚!まろやか!「味噌麺処 伝蔵」に行ってみた

をテーマにお話していこうと思います!

急に味噌ラーメンが食べたくなって、調べたところ、気になったお店を見つけました。

日頃あまり行ったことがない三田まで行ってきたので、ご紹介してみたいと思います!

三田駅 A3出口が近い

階段を上がると地図がある

都営三田線と都営浅草線が通る「三田駅」。

こちらのA3出口が今回のお店「味噌麺処 伝蔵」に近いです。

階段を登って左手に出ましょう。目の前にドトールとカラオケ屋が見えるのでそこを右手に進みます。

慶應仲通り商店街を進む

慶應仲通り商店街の門をくぐる

三田駅のすぐそばに、「慶應仲通り商店街」の門が見えてきます。

そこをくぐり、あとは道なりに商店街を進んでいきます。曲がり角を曲がってすぐ、お店が左手に見えてきます。

「味噌麺処 伝蔵」に到着

「味噌麺処 伝蔵」

三田駅から5分かからないくらいの近さに、お店の大きな看板が見えてきます。

  • 北海道味噌
  • 愛知味噌
  • 信州味噌
  • 九州味噌

と、各地の味噌を使っているこだわりが看板からも伝わってきます。

大きく力強く「伝蔵」の文字が踊る看板は、もしや味噌樽を模した物でしょうか。粋ですね!

夜は提灯が賑やかな雰囲気を醸し出してくれて、ついついお店に足を踏み入れてしまいそうです。

まずは券売機で食券を買おう

店内は完全禁煙で、扉にも書いてあるので、安心して入店できました。

お店は電灯色の薄黄色で明るく、かつ柔らかく照らされており、全体的に清潔感があります。

まず券売機で食券を買ってから、着席します。

  • 白味噌
  • 赤味噌
  • 黒味噌
  • 辛味噌

などが選べますが、ここは個人的な好みで赤味噌をチョイスしました。

赤味噌ラーメン到着!

赤味噌ラーメン 690円

やってきました、「赤味噌ラーメン」!

690円って、都内だとリーズナブルなほうではないでしょうか。他店だとだいたい800〜900円くらいが相場な実感があります。

こや丸
こや丸

安いし、美味しいだなんて魅力的!!

炙り焼きチャーシュー

看板でも推されていた炙り焼きチャーシューがちゃんと入っていますね!これは期待。

スープにはニンニクと生姜入り

赤味噌スープは、まろやかで濃厚です。非常に旨味が詰まっており、適度なこってり具合でそれほど重たくない印象でした。

ついつい何度もレンゲを口に運んでしまうくらいクセになる飲みやすい口当たりのスープです。

こちらの赤味噌スープには

  • 生姜
  • ニンニク

が使われているらしく、スタミナがつきそうです。(ニンニクが使われているものの、それほど臭みは感じませんでした!)

また、具材は

  • 炙り焼きチャーシュー
  • ネギ
  • モヤシ
  • メンマ

などが入っています。

麺はモチモチ

麺はご覧の通り、やや黄色がかった太麺です。

食感はモチモチとしており、噛んだ感じが心地よいです。ちゃんぽんのような食べ応えがありました。

濃厚な赤味噌スープがしっかりと絡まった太麺は、絶品です!

完食

大満足の完食でした!ややスープを飲みすぎてしまった感がバレてしまう写真ですね。。。汗

ボリュームもあり、太麺で濃厚な赤味噌スープをしっかりと堪能できました。

まとめ

というわけで、今回は

【味噌ラーメン】濃厚!まろやか!「味噌麺処 伝蔵」に行ってみた

という話をしてまいりました。

都内の駅近で、こんなに濃厚な味噌ラーメンを

税込 690円

で味わえるなんて、思いもよりませんでした。

今回訪れた三田店のほか、渋谷センター街店もあるようです。

20年以上、「ラーメンといえば豚骨バリカタ細麺!」と信じて疑わないまま福岡で育ってきた僕がイチオシする濃厚な味噌ラーメン

「味噌麺処 伝蔵」

臭みや重たさが少なく、まろやかで濃厚な口当たりの優しい味噌スープがオススメのお店です!

オシャレで荘厳な門構えの正門が印象的な慶應義塾大学 三田キャンパスもある「三田」に訪れた際はぜひ、立ち寄って味わってみてください。

では、また!

都内でWeb制作に携わってます。
服、音楽、絵画、建築、デザインが好きです。
写真個展もやってますので、ぜひご覧ください!
coten(写真個展)

こや丸をフォローする
スポンサーリンク
こや丸をフォローする
こがねいろライフ
タイトルとURLをコピーしました