時間をかけたくない!そんな方のためのスパイスカレー【簡略バージョン編】

時間をかけたくない!そんな方のためのスパイスカレー【簡略バージョン編】

どうも、こや丸です!

今回は、

時間をかけたくない!そんな方のためのスパイスカレー【簡略バージョン編】

ということで、忙しい時、
あまり手間をかけたくない時でも簡単に
楽しめるコツをご紹介したいと思います!

当ブログ内では、比較的人気だったスパイスカレーの記事

先日、スパイスカレーの作り方を当ブログで
ご紹介しました。
市販のカレールーと比べて、油分少なめで
スパイシーでエスニックなカレーを楽しめるので、
オススメしてみた記事でした。

嬉しいことに、およそ15記事投稿した段階では
当ブログ内ベスト3に入る閲覧数でした。
まだ、始めたばかりのブログとはいえ、
自分が書いた記事の中で、どんな内容がよく読まれているのか
分かることは、運営していく上で励みになります。

とはいえ、大量の玉ねぎを炒めるのが大変!

我ながら思ったのですが、
スパイスカレーは市販のカレーや飲食店のカレーと違い、
自分で味を調合できるところが良いのですが、
スパイス調合より大変な工程があります。それは、

大量の玉ねぎのみじん切りを炒める

初めて作る際、いくつかレシピやブログを参考にしたのですが、
割とどのレシピも玉ねぎの重要性を説いていました。
確かに、玉ねぎを大量に飴色になるまで炒めることで、
スパイスカレーの中核となる旨味を作り上げていることは
身をもって体感できました。

とはいえ、この工程が面倒で(楽しいけど)、
もっとワガママを言えば、包丁とまな板を使いたくない(そして洗いたくない)、
という思いがスパイスカレー作りから僕を遠ざけてしまっていました。

それでも、オレはスパイスカレーが食べたい

玉ねぎのみじん切りと炒めるのを面倒くさがって、
本来食べたい、作りたいと思っているスパイスカレーへの
情熱(!?)の火を絶やすとは、なんともったいないことか・・・!

「スパイス、調合したいだろう!?」

そう心の中で一人芝居をしているうちに、スーパーで
必要な材料を買い集め始めていました。

そんな時は、楽をしよう!簡略バージョンだ!

というわけで、

  • 包丁、まな板を使わない!
  • 肉も野菜も摂取できる!
  • スパイスの調合は楽しめる

そんないいとこ取りな簡略バージョンでスパイスカレーを
作ってみたので、今回はその過程を紹介していきます。

カレー用 野菜ミックスを使う

野菜ミックス
野菜ミックス

スーパーの野菜売り場には、
「カレー用 野菜セット」と呼ばれる

  • にんじん
  • じゃがいも
  • 玉ねぎ

の三銃士が一つのネット(または袋)にまとめられた
便利なセットが売られていることがあります。

しかし、今回は悠長にそんなセットに
目を向けている場合ではありません!

とにかくスピーディーに楽に仕上げたい我々が
手にするべきは「調理済みでパッキングされた野菜ミックス」
これが今日の主役です。本当にすまない、玉ねぎ。

大好きなかぼちゃは、いつも通りカット済みを購入

スライスかぼちゃ
スライスかぼちゃ

これは、いつも通り。よく買うかぼちゃは、
普通に買うととにかく切るのが大変!
薄くスライスしているものであれば手で3つに割れば
ちょうどいいサイズにもなるし、便利。

かぼちゃは3分割にする
かぼちゃは3分割にする

鳥もも肉は、もちろんカット済み

節約視点から見ると、一枚肉を買ってきて
自分で切った方が安く上がるのは
野菜と同じ。
しかし、鳥皮は切りづらいし、そもそも前提として、
今回は包丁とまな板は使用しない!
迷わず、手に取るのはカット済みのお肉です。

鳥もも肉
鳥もも肉

肉の方が多そうだから、軽率に小松菜をちぎって入れる

ここにきて、まさかの小松菜
ここにきて、まさかの小松菜

他の料理に使う予定だった小松菜の半分を
水で軽く洗ったら
豪快に手でちぎって鍋に入れる。

インド料理店やネパール料理店によくある
ほうれん草カレーだって緑じゃないか。
小松菜だって、きっと入れてOKでしょう!

煮込んでいる間にスパイスを調合する

楽しいスパイス調合の時間
楽しいスパイス調合の時間

本来はスパイスを調合した上で、
具材を炒めたりしている作業の流れで
スパイスは入れるだけの状態にしておくのが望ましいです。
「準備が8割」と言いますもんね。

そんな中、写真を撮ったり、
カレーづくりの実況ツイートしている間に
具材がいい感じに火が通ってきて、
慌ててスパイスの調合を始めました。

一応スプーンにスパイスパウダーを振りかけながら
計っていますが、これも大体の目分量です。

  • コリアンダー
  • カルダモン
  • クローブ
  • チリペッパー

を入れすぎないように注意しつつ、配合していきます。
この色とりどりのスパイスが一つの皿の上で
合わさるのを見るのが毎回の楽しみでもあります。

いつもより早く、そして洗い物も少なく完成

スープカレーのような仕上がりになりました。
薄味でコクが足りなかったので、

  • にんにく(チューブ)
  • コンソメ(キューブ)

を追加しましたが、安易にこれらを入れてしまうと
やはり味が支配されてスパイス感がやや損なわれてしまいました。

コクを足すにはバターが良いと聞いたことがあるのですが、
今回、冷蔵庫には備えておらず・・・残念。

もう少しスパイスの量を多めに投入しても良かったかな、と
思ったりもしましたが、
やっぱり

大量の玉ねぎのみじん切りを炒める

この要とも呼べる工程を省略したからでしょうか?
どこか心もとない味わいとなりました。

いまだに、実験の連続で自分の中での最適解が
定まらないところも、スパイスカレーの面白いところです。
次は、ちゃんと作って再挑戦したい!

調理済み・カット済みの食材を使って、
スパイスの調合だけを楽しんで作る!

まとめ

というわけで、今回は

時間をかけたくない!そんな方のためのスパイスカレー【簡略バージョン編】

をお届けしてまいりました。

スパイスカレーとしては、満点ではなかったものの
スパイス調合を楽しむことができたし、
最近、野菜不足だったので、小松菜とかぼちゃで
栄養をしっかり摂取することができた点では
十分だったのではないでしょうか。

しっかり完璧を目指そうと思うと、材料を揃えたり、
工程に手間をかけたり、大変なので
実行自体をためらいがちなことはスパイスカレー作り以外でも
よくあります。

そんな時、少し妥協することで
実行しやすくなるのであれば、たまには
簡略化も正義なのかもしれません。

皆さんもぜひ、忙しい時でも
楽してスパイスカレーを作って楽しんでみてください!

では、また!

都内でWeb制作に携わってます。
服、音楽、絵画、建築、デザインが好きです。
写真個展もやってますので、ぜひご覧ください!
coten(写真個展)

こや丸をフォローする
スポンサーリンク
こや丸をフォローする
こがねいろライフ
タイトルとURLをコピーしました