【都内でも自然を感じたい!】オススメの公園 3選

【都内でも自然を感じたい!】 オススメの公園 3選 東京

どうも、こや丸です!

都内にいると、建物とアスファルトだらけで
なかなか自然を感じられませんよね。

だからといって、遠方まで足を運んで
登山したりは、ちょっと大変そう・・・。

そんなあなたに、定番でオススメな大きな公園を僕が実際に行って撮影した写真を交えて、ご紹介したいと思います!

井の頭恩賜公園

井の頭池
神田川の水源でもある井の頭池

井の頭恩賜公園(いのかしら おんし こうえん)と読みます。
漢検2級に合格したのに、読めなかったのは内緒です 笑

東京都武蔵野市にある吉祥寺駅の南口から徒歩5分。
オレンジ色が目印の中央線快速に乗って、
東京駅から吉祥寺まで約30分。
(同じく中央線で、新宿駅からだと吉祥寺まで約15分)

なんと、100年以上前からある公園だそうです!

この公園には井の頭池という大きな池があり、
多くの親子やカップルがボートを漕いで楽しんでいます。
この池は神田川の水源でもあり、江戸時代は飲み水として使われていたのだとか。

七井橋
七井橋

池の間を渡す七井橋は、井の頭公園と分かる特徴でもあります。
運が良ければ、橋から鳥や魚などの生き物を見つけられるかもしれません。

山道を散歩してる感覚

池の周りの散策道も魅力的です。
コンクリートではなく、土の散歩道を長年降り積もった落ち葉を
踏みしめながら歩くことができます。

井の頭公園
夏の井の頭公園

夏はこのように木々の葉が生い茂り、
爽やかな自然を堪能できます。
ベンチもあるので、散歩しながら途中で休憩もできて安心ですね。

梅雨には紫陽花も咲く

また、梅雨時には紫陽花も咲き乱れます。

こんなにたくさんの紫陽花が密集して咲いているのを見たのは、
意外とここが初めてだったかもしれません。

シドの「紫陽花」という曲を思い出します。

井の頭公園で自然を楽しんだあとは、
吉祥寺駅周辺でショッピングを楽しむのもオススメです。
特にUNIQLO吉祥寺店は必見!
前面がガラス張りのおしゃれな建物で、7階建もある都内有数の超大型店舗。
大型店舗限定の商品もあるので、立ち寄って見ては!?

日比谷公園

日比谷公園の紅葉
日比谷公園の紅葉

JR山手線の有楽町駅から徒歩8分。
東京駅から歩くとまあまあ時間はかかりますが、
丸の内仲通りや皇居外苑を経由したウォーキングコースとして
楽しみながら向かうのもいい運動になります。

東京駅の丸の内エリアの紹介はこちら

日比谷公園もまた、100年以上の歴史がある公園で
ビジネス街の中にありながら、
大音楽堂やイチョウ並木を有しており、秋には紅葉も楽しめます。

このような素敵な公園を設計したのは、
日本の「公園の父」と呼ばれる、本多静六。

林学博士であり、造園家である本多静六は、
東京農科大学(現在の東京大学農学部)を卒業後、
ドイツへ留学し、林学を学んだ方。

日比谷公園だけでなく、東京駅の行幸通りや
福岡市の大濠公園など様々な設計を担当したようです。
学生時代は、よく大濠公園でランニングしたり、ギターを弾いたものです 笑

造園家・本田静六は、

  • 日比谷公園
  • 行幸通り
  • 大濠公園

の設計を担った「公園の父」

日比谷公園のイチョウ
イチョウ

この写真を撮影した時は知らなかったのですが、
こちらに写っている「鶴の噴水」は、公園の装飾用噴水としては、
日本で3番目に古いものだとか。

さらに、冬にはこの鶴の像につららができ、
池一面の薄氷と共に、公園の冬の風物詩なんだそうです。
これは、是非とも見てみたい!

冬には、つららを纏った「鶴の噴水」が見どころ!

新宿御苑

新宿御苑
映画「言の葉の庭」の舞台にもなった新宿御苑

次は、新宿御苑。

いくつか門がありますが、
JR新宿駅の南口から徒歩10分で到着できます。

なんとこちらも100年以上の歴史!!
大きな公園は長きにわたって人々を癒してきたんですね・・・。

こちらの公園の魅力をお伝えする前に、
他の2つの公園と違うところを紹介!

  • 入場料が必要(一般500円)
  • 開演時間が決まっている(早朝や夜間は開いていない)

もし、立ち寄る際はくれぐれもこの点に気をつけて訪れてください。
なお、中学生以下は無料とのこと。

・有料。入場料あり。

・早朝、夜間は営業時間外で閉園。

新宿御苑
とにかく広い

巨大なビルが多数ひしめく新宿のすぐそばに
こんなにだだっ広く、拓けた場所があるとは思いもよりませんでした。

子ども連れものびのびと体を動かして、
親子で楽しめるのも、新宿近辺では珍しいです。

新宿御苑の大温室
大温室で熱帯植物も鑑賞できる

広大な敷地だけでなく、大温室で植物園も楽しめます。

都心にいながら、マングローブやデイゴなどの沖縄の植物や
サボテンなど乾燥地の植物を鑑賞することができます。

キッショウテン
キッショウテン

今年2019年に公開された映画「天気の子」が
話題となりました。
その新海誠監督が手がけた2013年の映画「言の葉の庭」は
新宿御苑を舞台にしています。

雨の描写がすごく綺麗で印象的な映画です。
登場人物たちが初めて出会うのも、雨の新宿御苑。
その後、何度も同じ場所で顔を合わせるようになります。

46分と比較的短い映画なので、
新宿御苑に行く前、または行った後、
こちらも是非見てみてください。

新宿御苑は、雨の描写がものすごく美しいアニメーション映画、
新海誠監督の作品「言の葉の庭」の重要かつ主要な舞台!

まとめ

というわけで、
今回は都内でも自然が味わえる大きな公園を3つ紹介しました。

都会の喧騒を忘れて、散歩したり、ベンチでぼーっとしたり
ゆったりとした時間を過ごしてみるのも
たまにはいいかもしれません。

日比谷公園の紅葉は11月下旬が見頃!
Web上で個展を開けるSNS「coten」でも、
日比谷公園で撮影した紅葉をupしていますので、
こちらもぜひ、ご覧ください!

彩り-irodori- by コウヤスタカ | coten
東京・日比谷。 昨年11月末、秋から冬へと季節が移ろい行く最中、紅葉を一目味わうべく夕方に撮影。 鮮やかに彩られた紅葉を纏った木々と、夕暮れ時のやわらかな陽射しが趣深い。 驚くべきはこの風景が大都会で見られるということ... | coten

では、また!

都内でWeb制作に携わってます。
服、音楽、絵画、建築、デザインが好きです。
写真個展もやってますので、ぜひご覧ください!
coten(写真個展)

こや丸をフォローする
東京
スポンサーリンク
こや丸をフォローする
こがねいろライフ
タイトルとURLをコピーしました